2004年10月19日

右膝靱帯負傷 suffered a minor ligament tear

※ added 2006/11/23 投稿

イリーナ・スルツカヤ(Irina Slutskaya)は、2004年10月、練習中転倒し右膝靱帯を負傷しました、このシーズンの試合には、右膝にテーピングをして出場しました。

MCE > Irina Slutskaya > News/Features
October 23, 2004
Slutskaya injured

Irina Slutskaya fell during practice last week and suffered a minor ligament tear.
Slutskaya’s coach, Zhanna Gromova, said the 2002 World Champion, was told by doctors not to practice for several days after her fall last Tuesday.
Gromova did not give details other than to say the fall caused a small tear that she described as a “micro-injury.”
Slutskaya’s first ISU Grand Prix competition is scheduled at the Cup of China November 11-14.
Slutskaya’s competitions the past two seasons have been limited due to illness and concerns over her mother’s kidney problems.
スルツカヤは先週の練習で転倒し、靱帯に軽い裂傷を負った。
コーチのジャンナ・グロモワによれば、医者は、転倒した火曜日から数日間は練習しないよう告げた。
グロモワは、転倒が軽度の裂傷(彼女は「極小のケガ」と表現)を引き起こしたこと以外は詳細を語らなかった。
スルツカヤのグランプリシリーズ第1戦は11月11−14日の中国杯である。
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。