2006年08月08日

Olympian bounced back after illness【The Record】

Ирина Слуцкая Форум > Ирина > Champions On Ice - 2006

イリーナ・スルツカヤ(Irina Slutskaya)が病気について語ったインタビューがカリフォルニア州Stocktonの地元紙に出ました。Champions on Ice in Stockton の翌日発行です。写真あり(クリックすると大きくなります)。

和訳 by vivais

The Record
Published Tuesday, Aug 8, 2006

Sara Cardine
Record Staff Writer

bilde.jpg
写真キャプション
After battling heart disease and vasculitis, a painful inflammation of blood vessels that causes bruising and swelling in the legs, Irina Slutskaya won a bronze medal in the Olympics. She was in Stockton on Monday as a member of the Champions on Ice Tour.
Credit: Craig Sanders/The Record

In an interview with The Record, Russian Olympic skater Irina Slutskaya discussed her struggle with heart disease, including vasculitis, a painful inflammation of blood vessels that causes bruising and swelling in the legs.

After she won a silver medal in the 2002 Olympic Games, the diagnosis of her illness in 2003 temporarily halted her career. But she battled back, and this year, she captured a bronze medal at the Olympic Games in Turin, Italy.

Q: Where are you from?
お国は?

A: Russia. Moscow. I live there now with my family.
ロシア、モスクワ。家族と一緒に住んでます。

Q: There's word going around that you are turning the spotlight on health issues. Explain how you became a health advocate.
健康運動に関わるようになった経緯は?

A: A couple of years ago, I got sick with a real serious illness (vasculitis). Before I had asthma and pericarditis (inflammation of tissue around the heart.) Now, I'm just trying to tell everybody: You may think, "Something won't happen to me," but it could happen to everybody. You have to be healthy. You have to love your heart. Go to the doctor. If you do all this, if you eat right, everything will be OK.
数年前、とても深刻な病気(脈管炎)になりました。その前には(?)喘息と心膜炎にかかってました。今、私は皆さんに、「自分には起こらないだろう」と思うでしょうが、誰にだって起こり得るのだということを伝えたいのです。健康に気をつけて下さい。心臓を大切にして下さい。医者に診てもらって下さい。これら全てのことをして、正しい食事をすれば、大丈夫です。

Q: How did you learn about your own heart illness? What does it feel like?
ご自身の心臓病をどのように知りましたか?どんな気持ちですか?

A: I have an illness called vasculitis. I felt not really good a couple of years ago. Now I'm taking pills and checking my blood with my doctor. This illness is really similar to other illnesses. It takes a couple months (to show up). What I hated was the asthma. I had swollen legs and arms, bruises around my body.
私の病気は脈管炎です。数年前は本当に具合が悪かった。今は錠剤を飲んで、血液検査をしています。この病気も他の病気とほとんど同じです。(兆候が現れるまで)数か月かかります。嫌だったのは喘息です。足と腕がむくみ、体中にあざができました。

Q: How did it change your professional life?
職業上の生活はどう変わりましたか?

A: My professional life was great. But my life has changed. It's really hard. When (the vasculitis) is happening, I can't skate.
私の職業生活はすばらしいものでしたが、変わってしまいました。本当に苦しかった。発病中は、スケートができなかったのですから。

Q: And your personal life?
私生活はどうでしたか?

A: This is my life. I have just one life. I have to love my life, my fans, my parents, everything around me. When I'm sick, I can't walk. I can only go a couple steps. I missed my life. Now, I'm under doctor's control. I know nothing will happen to me.
これは私の人生です。一度きりの人生です。自分の人生を、ファンを、両親を、私の周りの全てを愛さなくてはいけません。発病中は、歩けませんでした。数歩しか動けませんでした。自分の生活が恋しかった。今、私は医者の管理のもとにあります。もう何も起こらないことを知っています。

Q: What helped you get back on top of your game?
競技のトップに戻ってくるのに何が助けになりましたか?

A: My desire to skate. (And) of course my parents, my husband and my coach trying to help me. If I had a decision between my health and my skating, I would pick my health.
スケートへの情熱です。そしてもちろん両親、夫、コーチが私を助けようとしてくれたからです。健康とスケートのどちらかを選ばなければならないとしたら、健康を選びます。

Q: Do you have to modify your performances or practice sessions?
演技や練習方法を加減しなければいけなかったですか?

A: I need to not push really hard right now.
今は、あまり激しくしないようにする必要があります。

Q: What message do you bring with you to Stockton?
ストックトンで伝えたいメッセージは?

A: I think when people don't work, (when) they just sit at home, they are dying. It doesn't matter if you have some problems, you have to live a normal life. You have to go shopping, meet with your friends. Do anything to feel you are an alive person.
人は、働かず、家に座っているだけでは、死んだも同然だと思います。病気にかかわらず、普通の生活をするべきです。買い物に行き、友達と会って下さい。生きていることを実感するために何でもして下さい。

Q: Does your celebrity status help the cause?
有名人であることも活動の動機になってますか?

A: Of course. I'm like a role model for everybody. I have to work hard, and I can show everybody that everything's possible in this life. It's not magic. I'm just one who has this problem. My doctor said lots of people have this disease. I want to show everybody it's possible. It's possible to be normal. This is an important thing to under-stand: You're like everybody else.
もちろん。私は皆さんのお手本のようなものです。忙しい私ですら、何でもやれているということをお見せできます。魔法なんかじゃありません。私はこの病気を持つ一人に過ぎません。私の医者によれば、多くの人がこの病気にかかっているそうです。私は皆さんに、可能だということを見せたいのです。普通に生活することは可能なのです。重要なのは、普通の人たちと同じなのだということを理解することです。

Q: Has your illness made you humble?
病気によって謙虚になりましたか?

A: Maybe. When you go (so far), you start thinking, "OK, what's next?" It's opened for me so many new ways. It happened to me, it's bad, but I find new ways, new places, new things in my life.
かもしれません。そうなってしまえば(?)、「オッケー。次は?」と考えはじめます。たくさんの新しい道が開けています。病気にかかったことは良くないことですが、しかし自分の人生に、新しい道、新しい場所、新しい事を発見しました。

Q: Can one person make a difference?
一人の人間が、世の中を変えることができますか?

A: I hope. My aim is not so great, but I hope.
そう望みます。私の目標はそんなにすごくはないですが、そう望みます。

Q: What have you learned through all of this?
これら全てを通して学んだことは?

A: We never decide our illness. Illness decides us. Life happens. I think I'm pretty healthy now, but you never know what will happen in the next days. I'm sure everything will be OK.
私たちは病気を選べません。病気が私たちは選ぶのです。人生では何でも起こります。私は今はとても健康ですが、明日何が起きるかは分かりません。私はすべてうまくいくと信じています。
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22108077

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。