2006年07月29日

日テレ「静香COI密着」

※2006/07/29投稿

イリーナ・スルツカヤ(Irina Slutskaya)は、荒川静香選手のChampions on Ice 2006 tour(チャンピオンズオンアイス)ドキュメント番組、日本テレビ『フィギュアの女王・荒川静香 新たなる挑戦! 〜アメリカツアーに独占密着〜 』にチラッチラッと映りました。

--------------------------------------------------------------------

※2006/07/22投稿

荒川静香最新情報ブログ > 荒川さん特番、29日に日テレで放送より!!

荒川さん公式サイト
●7月29日(土): 日本テレビ Newsリアルタイム特報<15:30〜16:55>
『フィギュアの女王・荒川静香 新たなる挑戦! 〜アメリカツアーに独占密着〜 』
「トリノ五輪金メダル獲得までの1年間」と「アメリカでのプロデビューに苦闘する今」を密着ドキュメント。

イリーナ・スルツカヤ(Irina Slutskaya)も出演必至!!
待ってました〜!!!
posted by vivais at 15:30 | Comment(8) | TrackBack(0) | └動画 Video
この記事へのコメント
毎度ありがとうございます。いつも取り上げてもらってごめんなさいね。

スルさんの出演時間、3秒間でも怒らないでくださいね。トリノで転倒したところばっかり出てきても泣かないでくださいね。

この番組、同時間帯に放送するのは日テレちゃんだけなんですヨ(地方局は後日…数ヵ月後とか…放送の可能性は無くも無いけれど)。なので、もしよかったらどんな感じの放送だったか、ざっくりとでいいからこちらのブログでも教えていただけると嬉しいです。

COI再開したのに、COI関連のエントリーが遅れてたんで、忘れたか寝込んだか、もうどうでもよくなったか、セルゲイとの今後のことで頭がいっぱいか、どれかと思ってたんです(笑)。それと、左のメニューの「シカゴの天気」これ変更のご予定はございますのでしょうか。
Posted by 長野のK嬢 at 2006年07月22日 20:41
>イリーナ・スルツカヤ(Irina Slutskaya)も出演必至!!

何があっても見ますよ。
糸のような目を最大限に拡大して
まばたき一つしないで焼き付けてやりますとも。
Posted by 複勝で生活 at 2006年07月23日 07:49
なるほど、荒川さんを取り上げる番組でイリーナが出てくる可能性は十分ありそうですね。
これは絶対見ねばなりません!
…と思ったら関西ではやらないみたいですね〜。がっくり。
Posted by ニョロ at 2006年07月23日 11:46
シッズーメインなので贅沢は言いませんが、せめて数十秒は見たいですね〜

このシーサーブログは、天気の地点がごくわずかしか登録されてないんですが、デンバーはありました!なぜ?
Posted by vivais at 2006年07月23日 23:09
今日ですよー

昨日23:30の予告的ニュースでは、フィナーレのグループ演技のところで、コマ送りで分かる程度チラっと映りました。
Posted by vivais at 2006年07月29日 10:54
上にも書きましたようにこちらでは放送が無かったのですが、色々な場所で感想を読んでみたところ、荒川さんが英語もまだ上手く話せないし新人だということもあって、なかなかとけこめないといった内容だったのでしょうか?(違ってたらみすません)
だからこそのイリーナの
「シッズー、もっと話そうよ〜〜〜!ダバ〜イ!!」
だったのかな〜と思うと彼女の優しさに再び感動です。
Posted by ニョロ at 2006年08月01日 20:09
確かに、荒川さんが英会話に気後れして溶け込めないという内容でした。たぶんテレビ局としては、外国人と互角に渡り合うカッコイイ日本人として取り上げたかったんだと思うんですが、荒川さん、ちょっとシャイでした〜
もっと勇気を出して!と歯がゆい反面、新参者が出しゃばっちゃいけないという日本人らしい遠慮もあったのかな〜と。
ボナリーが、荒川さんが一人で食べてるところに一緒していい?と話しかけてきて優しかったです。黒人だしフランス人だし、寂しいのかも・・・
スルツカヤとの直の絡みはなかったんです。「ダバーイ」が映るかと期待してたんですが・・・
見てて、スルツカヤはロシア訛りが強いけど、英語しゃべれてるからエライよな〜と感心しました♪
Posted by vivais at 2006年08月01日 21:46
2006.8.31「報道ステーション」【さらば金メダルの栄光 荒川静香 新たな闘い】、見逃してしまったんですが、全文書き起こしをされたブログを見つけました。お疲れ様でーす!

みづきのたわごと・お気楽日記
http://mizukinotawagoto.blog51.fc2.com/blog-entry-14.html

この中で、COIのパフォーマンスディレクター、ブライアン・クラバノ氏の3つのアドバイスの一つに、
「どういう角度から誰が見ているかわからないから、どんな瞬間も笑顔で見られるように。誰が見ても自分が気持ちよく滑っているのが伝わるような滑り方が大切」

というのがありました。
スルツカヤも10年前(1996年17歳で初参加!)同じこと言われたのかな〜と。

この番組でスルツカヤが出たのは、
この↓ブログによると
親子でハッピー
http://blog.goo.ne.jp/ape7111/e/
6577d4e3763e5dafd2cfe3c0cae39dde

1秒ほどだった模様です。
Posted by vivais at 2006年09月06日 10:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。